2011'09.30 (Fri)

娘の着物姿

今日の静岡は晴れ・・・
30度と夏日・・・・車に乗っているとじりじり焼けてくるようでもうたまりません。

この頃私の口癖が「疲れた~~」
家事も何かすると朝から休憩の方が長くなっているような?
昨年は、頑張れたことも今年は、なかなか気分が乗らなくて・・・。

何もしていないのに疲れる・・・きっと何もしていないから疲れれるんだろうな~~。

口癖が人生を作る・・・
今の私では、疲れることしか起こらないんだよね。

どこかで自分を変えなくては・・・まだまだ第2の青春があるのですからね。


ところで昨日9月29日大安
来月結婚する長女と彼の着物での前撮り撮影がありました。

長女は、結婚式にウエディングドレスだけなので、私の希望で写真やさんで着物を着てロケーション撮影とやらをしてもらいました。

今写真屋さんでロケーション撮影と言ってスタジオではなく外で撮影してくれるんですよ。
私無知で知りませんでしたが、今はあるんですね~~。
撮影場所は写真やさんで何箇所かあってそれを選ぶのですが、今回は着物なので和に合うところ・・・

岡部の「玉露の里」
日本庭園とお茶室がある絶好のロケーション
お天気にも恵まれとてもよい撮影ができました。

池の前
なんと家族もついて行っていいというので、私と主人が一緒に・・
私は、カメラマンの横や後ろからデジカメで、主人は控えめに後ろからビデオ撮影・・・
だから知らぬ間に私が沢山写っていて家族には大ひんしゅくを買うはめに・・・



茶室にて
着物にはお茶室がよく似合います。
カメラマンにも「笑って~」「2人で見つめあって」なんていろんなこと声掛けられていて照れていた2人だけど段々それが自然に・・・。
カメラマンがいなくても良い笑顔の2人だった。

私からみれば成長したなと思うところもあればまだまだ若くて何も知らない娘だけれど今日の2人をみていれば大丈夫かな?という安心感も・・・

一足早くお嫁姿をみさせてもらいなんて幸せ者の私なんだと思う・・・。

でも本当に結婚するんだと実感した日でもありました。
それに綺麗でしたね~。彼も仕事が忙しい中遠くから朝早く来てくれて本当にありがとう。
母のわがままを聞いてくれてありがとう。

余談ですが、この玉露の里の茶室では、もちろんお茶が飲めるのですが・・・。
カメラマンの方が、「もう撮影は終わりましたからここで休憩しましょう。お茶と和菓子がでますのでごゆっくり」ということで、とてもびっくりしました。それも新郎、新婦と私達2人まであったので・・・。

若い2人は、お抹茶、私達2人は「玉露」をお願いしました。
やっぱりお茶室にきたら甘くてまったり美味しい玉露に限ります。ましてやここ岡部は玉露の里ですから~~。
ごめんなさい。お茶の話になるとまたボルテージがあがっつてしまいます。




スポンサーサイト
22:13  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

三国一の花嫁ですよ

古い言い方ですが、まさに三国一の花嫁姿

今は前撮りするんですよね、姪も中町・松本城で撮りました。
家の娘はさっさとハワイでj挙式して情緒に浸れなかったですよ(ハワイには日程が詰まっていて行けなかったんですよ、いまでもビーブー言いますよ)
披露宴は国内でやりましたが・・・・

でも男親って娘は結婚しないもんだと思い込んでいるもんなんですよ、不思議なもんなんです
御主人今はなんとも言えない気持ちじゃないかな
男にしか判らん気持ちですよ
葡萄園にきたら慰めてやりますからご安心を
慰めるって表現はいかんか、お祝いだもんね
でも淋しいものなんですよ
EGUTI YOUSUKE | 2011年10月01日(土) 09:08 | URL | コメント編集

綺麗!

綺麗ですね~!

前撮りと言っても、実際には花嫁姿を目の前にするのですから、ジ~ンときますね。
百恵ちゃんの「秋桜」が浮かんできました。

もうすぐ、花嫁の母ですね~ぽかぽかさん!

母親の希望、やっぱりみなさん同じです。
ドレスも和装も着てもらいたい。
希望が叶い、ステキな時間を過ごすことが出来て、良かったです。

写真の加工を外したいな! 勿体無い***
8日に、カメラ画像でいいから見せてね!


「口癖が人生を作る・・・」 へ~?!
面白い表現ですね。

長い人生、疲れる時期もありますよ。
私も毎日疲れてるよ!
中高年の旅行、三日楽しんで倍疲れるって、だれか言っていましたが、その通り、***

疲れる前は、それなり楽しんでいるんでしょうね。
一生疲れてる訳ではないので、疲れたときは寝ればいいのよ!ぐ~ぐ~
ぽかぽかさんは、真面目なんだね!

今は体が変化してる「幸年姫」なんだから、
いいの、いいの、気にしなくても!
今まで大変だったから、休みなさ~いって、言ってるのですよ。

いっぱい、いっぱい、目の前に楽しい人参ぶら下げようね! お互いに***



真田園 | 2011年10月01日(土) 23:03 | URL | コメント編集

心からおめでとうございます。

ホントに綺麗です~。憧れます~。。
お茶室の中のお写真。
加工がしてあるのに、
完全に見つめ合われてる、お若いお二人の幸せオ~ラ・笑顔が、私の目にもしっかり映りました。。ヨ。
Best shot です~。。
日本庭園前のお写真も、又いいですね~。
お嬢さんもお婿さんもお若い。。
あどけなささえ感じられるお二人。
ホントに微笑ましい。
た~くさん幸せオ~ラ頂きました。ありがとうございます。

お嬢さんの幸せオ~ラの花嫁姿を拝見すると、
花嫁の母の幸せ。幸せ。を感じます。。
生まれたその時から、イエ 生まれる前から、
今まで全てを思い出し~~。ジ~ンと来ます。。ネ。
「私もここまで育てさせて頂いた一部に・一人になれた!!」という
この充実感。。 他では味わえない充実感です。。 
ホントにジ~ンと来る。。
このジ~ンとくる感覚が、又い~いです~。。 
幸せです~。。
本当におめでとうございます。

真田園さんの「幸年姫」い~ですね~。。
まさにその通り。。
〈いいの、いいの、気にしなくて〉
〈ぐ~ぐ~。ぐ~ぐ~。寝て~~〉
気長~く、お互いリラックスしましょう。ネ。
chimchim | 2011年10月02日(日) 06:58 | URL | コメント編集

No title

v-205EGUTIYOUSUKEさん こんばんは♪
娘さんはハワイだったんですね~~。我が家もそうしてほしかったんです本当は・・・。
両方の親族だけで結婚式もいいかな?と思いましたが・・・。

EGUTIさんは出られなかったんですか?EGUTIさんもさぞかし花嫁姿見たかったでしょうが、やはり娘さんからするとお父さんだけには参加して花嫁姿見せたかったと思いますよ。
きっと大好きなお父さんなんですよ今でも言われてしまうというのは・・・。

主人も私も鈍感なのか実感があまりなくて・・・。
今回前撮りでやっとその気分になりましたけれど。
もう来週なんですね?よろしくお願いします。

v-238真田園さんこんばんは♪
いやあ~本業のお仕事にぶどう園、習い事、ダンスと何でもがんばっている真田園さんに疲れた~なんてホントはいえないのですが・・・。
今日主人と温泉にいって久しぶりに血圧計ったらなんと75と48でびっくり・・・。
以前は96、62くらいと低血圧でしたが今回よりいっそう低くてきっとこれが疲れ、だるさの原因だと思いました。

「疲れる前は楽しんでいる」・・・確かにこの言葉凄く的を射っていると確信。
そうよね~。「幸年姫」・・・日本語って凄い。
同じ音の響きなのに字が違うだけでこんなにも楽になれるなんて・・・。
ありがとうv-238

「口癖が人生を作る」って本当だと思う。
発する言葉とおりにいろんなことがおきてくるんだよ。私は、「でも」という言葉も口癖なの。
「でも」は否定的で相手をうけいれないんだよね。
だからなるべくなら真田園さんのように明るくポジティブな言葉をいつも話しているとポジティブなことしか回りにおきてこないんだよ。
それがずっと人生を作っていくんだと思う。
ごめん書いていてわかんなくなった。

「秋桜」・・・確かにそうですよね。
やはり花嫁といったら着物姿みたいですよね。
今回仕事の忙しい彼も来てくれ喜んでいたようなのでとてもうれしかったです。

玉露の里では、他の方から「おめでとうございます」と声をかけられ本人はもとより私たちもああ~結婚するんだ~と実感させられたしだいで・・・。

真田園さんは今回2回目の娘さんの結婚式。次女さんとはまた違う心境なんでしょうね?
8日ゆっくり話せたらいいなあ~。いろいろ教えてくださいね。
はい!!写真持っていきます。
今回加工するのにいつもより戸惑い?がありました。そのまま見せてあげたいほど2人の雰囲気がいいこととやはり顔を隠すのがなんか嫌でいつも下手ながら目、口をかきました。

8日信州組パワーで晴れるといいな。
お会いするのをとても楽しみにしています。

v-238chimchimさん こんばんは♪
ありがとうございます。

若いって凄い!!ってこの2人から感じます。
本当に幸せそうでした。何をしても2人で微笑み喜びその姿がこの2人の未来につながっているのではないかと感じさせてくれた花嫁姿でした。

母親の出来が悪く何も知らない」娘でこれから彼や皆さんから教えてもらい成長していってほしいですね。
でも素直でコツコツ頑張りいつの間にかほしいと思っていたものはすべて手に入れている娘ですから幸せも両手にこぼれんばかりにこれから手に入れることができると思っています。

やはり母としても花嫁姿をみれたのは、とても幸せなことです。
振り返れば長女にはいつも助けられ今では癒されています。
親がしてあげたことより長女にしてもらったことのほうが多かったように感じます恥ずかしいのですが・・・。

これ書きながらやはりジーンとくるものが・・。
長女の存在はおおきいですね。

真田園さんの「幸年姫」いい言葉ですよね。
心がす~と楽になれる。

そうですね。ゆっくりゆっくり・・・。
ぽかぽかようき | 2011年10月02日(日) 22:11 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pokapokayouki333.blog90.fc2.com/tb.php/950-043bd964

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |