2012'04.02 (Mon)

山香一服とお茶カフェ

今日の静岡は

今日から新年度が始まりましたね。
主人も今日は、名古屋で入社式?に参加し午後は静岡の新しい会社にいくとかで緊張しているかもしれません。


一昨日長女が、サプライズでお祝いに帰ってきました。
「パパお疲れ様~」という声にまさか・・・
下の娘が帰ってきたかと勘違いしてしばらく状況が呑みこめなかったようです・・・
主人が多分一番嬉しかったでしょう。何となくウルッとしていたかな?

お花1
退職のお祝いに娘の義父母がお花を届けてくれました。
そして仕事でこれなかった娘婿も長女を気持ちよく送ってくれたようです。
ご両親や息子に感謝です。
ありがとうございます。

昨日から静岡まつりが始まりました。
昨年は、大震災で取りやめていましたので今年はきっとにぎやかなお祭りかと思います。

でも・・私達は・・・

お祭りはお祭りでも・・

我が家より30分程奥へ・・奥へ・・

鎌倉時代の高僧日本茶の始祖と伝えられる「聖一国師」のゆかりの地である「大川地区」の「山香一服」に行ってきました。

ここ大川地区は、お茶作りが盛んで美味しいのです。
今回は、5会場でお茶の席を設けそれぞれ趣向をこらしていたようです。

私達は、1か所目は、地区センターでお抹茶を頂き次の会場へ・・・

後4か所・・・一番奥から行って降りてこようと思い

この地区センターから20分ほど、静岡駅から90分はかかる「大間の縁側カフェ」に行くことにしました。

ここまで山道をくねくね走ってきたのに大間までは、細い山道をどこまでもどこまでも走って・・本当に家があるのだろうか?と思い走らせるとやっと見えてきた・・・

梅と天空の里2


その景色や素晴らしく「天空の癒し里大間」といわれているのが良く分かる。
今まで花桃や桜が綺麗に咲いていたのが、ここではまだ梅の花がもうじき終わろうとしていました。
やはり吹く風も冷たく雪が今年1回積もったそうですから寒いんですよね。

天空
ここ大間は、5件しか住んでいないそうで、「限界集落」と言うそうです。
お年よりばかりで、山の急斜面に沢山のお茶が作られ畑も急斜面で足腰がしっかりしていないと大変な農作業です。

そこで考えらえたのが・・・
縁側カフェ

お茶カフェ1
農家の縁側を開放してお茶や漬物、煮ものなどその家、家で、採れ作った物を出してくれます。

主人と義母は、この砂家で・・・
美味しいお茶や漬物、柏餅などを頂き色んなお話も聞かせてもらったようです。

私と娘は、このお茶カフェを発案された静岡大学教授の小櫻宅へ・・・
ここはツリーハウスなので是非とも行きたかったのです。

ツリーハウス
大間は、標高800m。でもまたそこより高いツリーハウスでみた景色は最高のものでした。
コーヒーを頂いた後緑の屋根の下にブランコのように揺れるソファがあってそこから見る景色も最高で2人でゆっくりしてしまいました。
空が青く雲はぽっかり・・・いつもより近く見れた気がしました。

コーヒー
ここでは、緑茶ではなくブルーマウンテンを素敵な木のカップに淹れて飲ませて頂きました。
お代わり自由。
時間があれば5件の家の縁側カフェを梯子して景色をみたり農家の方々と色んなお話がうかがえたらと思いましたがこの日は、「山香一服」というお茶のお祭りが2時までなので急がないと・・・もう1時半。

下に来たらもうほとんど終わりで残念。
また来年が楽しみです。行きたいな~。




ツリーハウス3
娘は、ここにも登りたいとのぼりきってしまいました。
梯子が怖いですよね~~。若いって凄い。

桜と富士
昨日娘を駅に送った帰り・・
5時前頃です。
まだ桜は、2、3分咲きでした。
真っ白な富士山わかりますか?

桜と月
月を望遠にして撮ったから桜がぼけたけれどボケたらボケたでいいかな~~なんて思ってる。

桜と月2
これもいいですね~~。






スポンサーサイト
15:41  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

お疲れ様でした

ご主人様、停年し、第2の職場なんですね。
娘さんがお祝いに駆けつけてくれて、父親としてはほろリ~でしょうね。
女の子は、いつも華やかでいいですね。
皆さんとちょっとしたお出かけの風景がとてもきれいですね。
家族の思い出のひとこまになりましたね。
はなこ | 2012年04月02日(月) 18:12 | URL | コメント編集

おはようございます。おめでとうございます。

>ご主人定年退職>
お疲れ様でした。and
>新しい会社>へのご入社。おめでとうございます。
>17年・・・毎日新幹線通勤>
やっと新幹線が通った私達には、想像もつきませんが、
>夜中に帰宅は、結婚してからずっと変わらない>
やっぱり遠いんですね。
>どんなに疲れていても嫌な顔もしない・・・>
ぽかぽかさんは、い~いご主人に恵まれられたんですね。
>子供の寝顔だけ見てまた出社・・・娘たちの小さい時をあまり知らなくて・・・>
そうでしたか。お嬢さん達のお小さい時にあまり関われなかったご主人もぽかぽかさんがおっしゃるように>可哀想>。。ですが、
3人のお嬢さん達をお義父母様方と同居されながら、
一人で育てなければならなかったぽかぽかさんも本当に本当に大変でしたね。
子育てって、相談したい事。言葉に出したい事。毎日毎日一杯出てきますモノね。and
お嬢さん達が小さい時にあまり関われなかったご主人を>可哀想>とさえ思われ、
「何もしなかった」と責められないぽかぽかさんの優しいお気持ち。にもご主人は、感謝されている事だと思います。

>ご主人へのお手紙>
>ばかやろう!!泣けて泣けて止まらなかった。>
ご主人感動された事でしょうね。
感無量だった事でしょうね。
ご主人の脳裏に37年の年月の出来事と、ぽかぽかさんへの「感謝の想い」が溢れられた事でしょう。
>若い連中も泣いている奴もいたぞ>
そうでしょう。そうでしょう。。
面と向かっては言えないけれど、手紙でなら思う存分「想いのたけ」を、
「感謝の気持ち」を伝えられますモノね。
私も聞いたら、きっと、涙していたと思います。

長女さんがわざわざ帰って来られた。。
お父さんとしては一番嬉しいサプライズでしたね。
ご主人改めて、お嬢さん達を育てて。
同じ人生を歩んで。よかった。。。と思われた事でしょうね。

そしてご家族で>「山香一服」>
37年の疲れも一緒に癒された事と思います。
chimchim | 2012年04月03日(火) 07:12 | URL | コメント編集

NoTitle

限界集落は何処にでも有るんですね
こちらにも有りますよ、もうお年寄りしかいなくてね道も狭いし確かに暮らすには無理が有ると思います、でも言われるように素朴でのどかなんですよ

娘さんまで退職祝駆けつけてくれて御主人嬉しかったろうな
私なんかリタイヤするときにそんな事ないだろうな
ボケるなよ言われるのがせいぜいかな シュン・シュン

EGUTI YOUSUKE | 2012年04月03日(火) 09:26 | URL | コメント編集

NoTitle

v-252はなこさん こんにちは♪
午後から大雨になってきましたが、せっかく咲いてきた桜が散らなければいいのですが・・・。
被害が無いことを祈りますね。

主人の会社は55歳定年退職なので、まだ早い、働けるのにと・・・思いながらも昨日から新しい会社で頑張り初めています。
今まで主人のおかげで、生活にも苦労することなくやってこれました。
これからは、地元静岡なので少しは、時間にも余裕ができてあちらこちら行きたいなあ~~と思っています。

埼玉に行った娘が帰ってきたのには、本当に驚いたようです。どんなプレゼントより嬉しかったかと思います。

大間に行けたことは、長女も一緒だったこともあり本当に心豊かなゆったりした一日でした。

v-252chimchimさん こんにちは♪
昨日から主人も新年度に向けてスタートしました。
夕方6時前に帰ってきて本当にびっくりでした。こんなことありませんでしたから・・・。
これから遅くなったり早くなったりするのでしょうね~。
でも働ける会社があるというのには感謝です。

映画「3丁目の夕日 64」みたいに東海道新幹線は、1964年オリンピックの年に開通しましたから私達は小さい時からあるのが当たり前できましたが、昨年話題になった九州新幹線のCMを見た時「これから開通するんだ。待ちに待っていたんだろうな」と思ったりしました。

主人の仕事が忙しくて「母子家庭だ」と娘たちが小さい時社宅にいたとき他のお母さん方と話したものです。
今でこそ娘たちを怒らなく{感情的な表現ですが、本当に叱るというより怒ってきました}なりましたが、小さい時は、父親と母親役をやってきました。
娘たちにしたら逃げ場がなかったかもしれませんが・・・。
それでも夢中の育児でした。

全てが懐かしい想いでです。
50を過ぎると何かと昔を振り返ることも多くなってきました。今を大事に生きていないようなきもするような?
そんな中この「山香一服」は自然を満喫し長女とも一緒で心洗えるいい一日となりました。

v-252EGUTI YOUSUKEさん こんにちは♪
限界集落と言う言葉初めて知りましたよ。
あるのですね~~。
でもその限界集落で第1、3日曜日に開かれている縁側カフェ・・・。
行くのには軽でも細い道で対向車があるとお互い譲り合いながらの走行でした。
ここでは、若い子供連れの夫婦も訪れるようです。
きっと疲れが癒せるのでしょうね~。

長女が「黙っていてよ、驚かせたいから」なんていうからもう何でも言いたい私は大変でしたが、主人の驚きには、娘のサプライズは大成功でした。
見ていた私もなんだか泣けてきてしまって・・・どうしてだろう?

まだまだEGUTIさんのリタイアーには、20年くらいはあるのではないですか?
きっとまだバリバリ現役のお父さんに娘さんは、リタイアーなどと考えていないでしょうからね~。
その頃には、お孫さんも何人にも増えにぎやかになりそうです。
ぽかぽかようき | 2012年04月03日(火) 14:57 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pokapokayouki333.blog90.fc2.com/tb.php/1056-0226a3db

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |